「山田池公園」は大阪の枚方市にある公園です。場所は街の中心からほど近い場所にあり、緑が豊かで自然あふれる公園になっています。
公共の乗り物を利用する場合、JR学研都市線の藤阪駅から700メートルほど歩きますがそこまで遠くないので歩いていきましょう。
車でも山田池公園に行く事は可能です。第一駐車場(165台)・第二駐車場(295台)とあり、春と秋の繁忙期には大規模な駐車場ですが満車になってしまう日もあるそうです。
また、有料の駐車場なので、普通自動車であれば、入庫から1時間まで420円で、それ以降は1時間ごとに100円かかります。
冒頭でも言いましたが、この山田池公園はとても自然豊かな公園で、とても広い場所になっています。
公園内には草原が広がる丘があり「芝生の丘」と呼ばれています。芝生よりはしっかり草が成長しており、芝生というよりかは草原のようにも思えてしまうほどです。
芝生の丘の頂上に登ってみると、晴れていたら遠くの山も見えてとても清々しい気持ちになれるでしょう。街の近くにありながら山田池公園はとても開放的で自然に癒されてしまいます。
山田池公園は自然を体感できる場所以外にも子どもが遊べる遊具が設置されています。すべり台2つ付いたアスレチックの遊具があります。大人が見守りやすい高さなので安心して遊ばせる事ができます。
ジャングルジムもあり、一般的なジャングルジムの形とは違い個性的なデザインをしています。更にすべり台がもう一台あるのですが、これもまた独特なデザインをしています。
他には、バーベキューができる広場があり、洗い場と灰を捨てる場所もあります。舗装された道もあり、ここではジョギングやウォーキングもできそうです。
この様に山田池公園では、様々な目的に合わせて利用ができて、のびのび過ごせる事ができる公園になっています。